Life Magazine in the Marginal Settlement

限界集落での暮らし方が教えてくれたこと

日本には限界集落と呼ばれる過疎化が進んだエリアがあります。
そこには、高齢化によって耕作放棄地が広がり、
森林は人の手が入らず災害が起こるなど、
今後人口減少が進む日本は、都市部以外は同様な問題が点在しています。
現在、Iターンで福井市に住み始めてから10年が経ち、
里山での暮らしを体験する中で得た暮らしの知恵など共有できればと思い、
このサイトを開設しました。

Due to depopulation, abandoned cultivated land will spread, forests will not be fully protected, and disasters will occur.
In Japan, where the population will decline in the future, there are similar problems except in urban areas.

豊かな里山の暮らしは、とても手間がかかりますが、
これまで消費して来た暮らしから、
これからは個々で必要なものを必要な分だけ作る暮らしのへシフトが必要になってくる思います。
そんな、スローライフな、自然を守るライフスタイルを選択する人が増えて共有できれば持続可能な開発目標 “Sastinable Development Goals” SGDsの2030年に向けた具体的行動指針にも沿った未来に繋がる取り組みとして、そのムーブメントが広がるのではないでしょうか。

Living in a rich satoyama is very time-consuming, From the life that has been consumed so far, From now on, I think it will be necessary to shift to a lifestyle where each person creates what they need and in what they need. If more and more people can choose a slow-life, lifestyle that protects nature, sustainable development goals "Sastinable Development Goals" As an initiative that leads to a future in line with the concrete action guidelines for SGDs toward 2030 I wonder if the movement will spread.