Life Magazine in the Marginal Settlement

About

福井県福井市にある芦見地区という限界集落で
炭焼き小屋運営のお手伝いをする中で
里山の暮らしに学び
里山と街を繋げる活動を行なっています

炭焼き小屋の名前は「芦炭窯(Ashizumi-gama)」

この炭焼き小屋は、一般社団法人限界集落A43という団体が運営しています

このエリアではナラの木を使った炭焼きが行われています
ナラの木は、燃料として炭になる他に、
椎茸の原木として、植菌をすることで椎茸が栽培されます
また冬季の燃料としてそのまま薪としても使用されます

炭焼き小屋の近くにある篭谷というエリアでは
「ベジタボーファーム」と名付けた耕作放棄地を利用した畑があります
その畑には、炭焼きの際に出た灰を土壌改善にために使用しています

ここでの活動は、訪れた人たちの憩いとなり
ここでの出会いは、街に戻った時また新たなアイディアを生み出し
人と人をまた繋げてくれます

「この場所に来れば、誰かに会える。」

そんな、自然豊かで心も豊かになれる限界集落での暮らしをぜひご覧ください。

Author : 松原かおり
     Kaori Matsubara